So-net無料ブログ作成
検索選択

芸術の秋、それとも食欲の秋? [お出掛け]

昨日BD-1のタイヤを交換しました。
オリジナルのタイヤはまだまだ使えそうなのですが、兄貴に譲ったBD-1カプレオに比べるとどうも漕ぎが重いような感じがする。
タイヤを交換すると快適になるということを、いろんなHPやブログでみて交換を決意しました。
財布が軽くなっちゃったよ。

ついでにチューブやリムテープも購入しようとしたら、パナレーサーの18inchリムテープが品切れだった。
「パナレーサーのリムテープは何時入るの?」
「すぐ入りますよ、アッそうだ、これ仕入れてからずいぶん経っているので風邪引いてるかもしれないけど良かったら万引きしちゃって下さい。」
「いいの?ホントに万引きしちゃいますよ。」
「今回だけですよ。へへっ」
太っ腹な自転車屋さん「じてんしゃひろばゆ○」さんに感謝です。
で、もらったリムテープがこれです。


なんと、コンチネンタルのリムテープです。
私の愛車ルノー・クリオに装着されているタイヤがコンチネンタルなんです。
ちょっと嬉しい。
まずは、前輪を交換。


オリジナルのタイヤと比べると細いことがわかります。
あの超高級折畳み自転車、アレックス・モールトンのHPにアレックス・モールトンの高性能の理由の一つが高圧で細いタイヤだとあります。
なんだか、走りがとっても良くなりそうな予感がします。
実は、細くなっただけではなくオリジナルのタイヤは約390gチューブが130gであるのに対して、交換したタイヤは
約200gチューブが100gで220gの軽量化ですので前後で440gの軽量化となりました。
リムテープは計測していないのですがたぶん450gは軽くなったのではないかと思います。
なので、本当は今日試走したかったのですが…
今日は出掛ける約束を嫁はんとしていたので断念です。残念。
断念で残念なんて…

ここに行ってきた。


私もウォーホールは好きなのでいってはみたのだが、ウォーホールの作品は少なかった。
初めてみたリキテンスタインも観られたので良かったんだけど、リキテンスタインは有名なアメリカンコミックをモチーフにした作品が無かったので少し残念。
収穫は常設展で展示していたモディリアーニの「お下げ髪の少女」。
モディリアーニは初めて観たのだが、本やなんかで観る限りそんなに好きではなかった。
名古屋市が3億6000万も出して購入したときは、「何でそんなに高価いものを買ったんだ?税金のムダ遣いすんな。」と思った。
だけど実際観てみると、「いい絵だな。」
何がどう、いいのかは言い表せれないけど…
言葉が足りなくてすみません、私がどうこういうより実際観てもらったほうがいいと思うのです。
それぞれ感想は違うと思うので…
芸術は理屈ではない、いいなぁで良いんじゃないかと思うのです。
モディリアーニはそうとう悲惨な人生をおくったらしいが、こんなに人を感動させるものを創作したのに死んでから評価されても浮かばれないなと思った。(実際は死ぬ少し前に評価されたらしいが…)
私の好きな小説家のエドガー・アラン・ポーとおなじように行き倒れだったそうだ。

その後、松○屋で北海道展をやっていた(名古屋市美術館よりよっぽど混んでいた。)ので北海道土産の定番のこの二点を購入して帰りました。


定番であり平凡ではありますがやっぱり美味しいです。
自転車に乗らなくても結構充実した一日だった、かなー?


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

いわし

タイヤ、だいぶ細くなりましたね^^
その分、空気圧の管理が面倒になりますので、サイクリング毎に空気圧のチェックをするようにした方がいいですよ。
パンクしたら、サイクリングが台無しになってしまいますからね^^

tecchinさんは、いろんな趣味がおありですね。
私は、ここ数年美術館には行っていないです^^;
by いわし (2005-10-15 00:06) 

tecchin

いわしさん、こんにちは。
本日、やっとタイヤ交換後初めて試走しました。
空気圧は推奨空気圧の中間の値100psiまで空気を入れて20km程の距離でしたが、やっぱり漕ぎは軽くなりました。
速度で云うと2〜3km/hは速くなったような気がします。(サイコンの円周は入れ直したのでほぼ正しいかと…)
その反面、路面の凸凹を今まで以上に拾うことになりました。
こうなってくると、いわしさんのいわれるように衝撃にやさしいカーボンハンドルを装着したくなってきました。
本当にきりがないですね、自転車って。

私は絵を描く趣味はないのですが、自分好みの絵画を観るのは好きです。
なんか、こころがゆたかになったようで良いもんですよ。
by tecchin (2005-10-16 15:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。