So-net無料ブログ作成
検索選択

蕎麦食べに行こう [自転車]

なんか無性に蕎麦が食べたくなった。
ということで、kanbeyaさんのブログ(http://kanbeya2.exblog.jp/)の記事に載っていた蕎麦屋へgo。
そこは岐阜県各務原市の鵜沼というところにあります。
いつも自転車で行く犬山から木曽川を渡れば鵜沼なんです。
思い立ったらいてもいられず、BD-1を引っぱり出して行きました。
おもいっきり普段着で上は長袖のTシャツ一枚だったので途中で寒くなってきた。
今日は肌寒かったですね。
途中で寒さに耐えきれず持参していったウインドブレーカーを羽織る。
休憩を1回して目的の蕎麦屋さんに着いたのは12時半過ぎ。


kanbeyaさんが正面からお店の写真を撮っていたので角度を変えてみましたが、だめですねこれは。

体が冷えていたので、本当はせいろ蕎麦を食べようと思っていた。
私は蕎麦はざるとかせいろが好きでかけそばは滅多に食さないことにしている。
そこで、せいろ蕎麦を暖かいつゆで戴く鴨せいろを注文した。
鴨とネギで蕎麦つゆにこくが出て甘味を感じます。
おもわず、「うめぇー」と口に出してしまいました。
最後にこの汁に蕎麦湯を入れていただくと、またまた「うめぇー」でした。
このお店温かい汁には薬味がネギと山椒なんですね、初めての経験でした。
てっきり、七味か一味だと思ってふりかけたら山椒だったのでびっくりでした。

車では到底見つけられないような場所にあります。
TVで紹介されたそうですが、電話番号も公表していないので、あんまり行列の出来るお店にしたくないのかな。
とにかく満足して帰路につきました。
しまった、寂光院の紅葉を見に行くのを忘れたよ。
また行かなくっちゃ。


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 6

いわし

お蕎麦って、年末にインスタントのお蕎麦を食べるくらいなので、私が行っても猫に小判になりそうです^^;
お蕎麦って、うどんやラーメンに比べると高価な食事ですよね。

思わず美味しいって言ってしまうって事は、余程美味しいんでしょうね^^
次回は、温かい服装で行って、ざるやせいろにチャレンジしなくちゃです。
今日は、本当に寒かったですよね・・・
tecchinさんも風邪をひかないように、気を付けてくださいね。
by いわし (2005-11-17 22:58) 

kanbeya

あの蕎麦屋さん、行かれたんですね。
鴨せいろかあ、ちゃりきイベントで行った美濃のそば切り「桃李」でつけ鴨せいろを食べたことがあります。あそこも美味しかったけど、蕎麦好きのtecchinさんが「うめぇー」なんだから、ホントに美味しい蕎麦なんだろうなあ、また行かなくてはデス。
by kanbeya (2005-11-18 18:08) 

tk

「桃李」のつけ鴨せいろは、ビビッちゃうくらい美味かったですよ。
くちに入れた瞬間、「えっ?(`□´;)」って思いましたもん(笑)

ここの鴨せいろも「うめぇー」って言っちゃうくらい美味いんですね~!
是非行ってみなくては・・・・・
by tk (2005-11-19 00:41) 

tecchin

いわしさん、本当に蕎麦って高価いですよね。
じつは私が食べた鴨せいろは1800円也でした。
ラーメンが3杯食べれるかもしれません。
私は蕎麦好きなのですがいまいち蕎麦の美味さが分かりません。
蕎麦と云うのはうま味を感じるグルタミン酸等の成分がないそうです。
だから、喉ごし、歯ごたえ、香り位しか蕎麦のうま味を感じることが出来ないんですよね。

kanbeyaさん、行ってきましたよ。
美味しかったですよ。
私は蕎麦好きではありますが蕎麦通ではありません。
蕎麦どん兵衛でも美味いと云う人間ですのであまり過大評価しないでね。
鴨、美味いですよねー。(あんなに、可愛いのに…可哀想)
自宅から近くの「かもや」という鴨専門店があるのですが、ここの鴨出汁で作るカレーうどんや鴨うどんは美味しいですよ。(私はこのお店ににはいっさい関係ございません。)
機会があれば行ってみて下さい。

tkさん、連日どうもです。
「桃季」ですか、私は行ったことがないのです。
ちゃりきさんのHPで見て行ってみたいと常々思っているのですが…
私はこのお店の鴨せいろでも「えっ?(`□´;)」って感じでした。(そもそも、鴨せいろは初めて食べたもので…)
このお店少々分かりにくい所にあるので注意が必要です。
私は蕎麦屋の善し悪しは黙ってていても蕎麦湯を出す店が優良店だと思ってます。
蕎麦湯を出さない店には二度と行きません。
これはお店が蕎麦に、こだわっているかいないかということの証明であると勝手に思ってます。
私は、それ程味にはこだわっていないんですよね、
っていうか蕎麦なら何でもいいのです。
by tecchin (2005-11-19 11:02) 

「ちゃりき!」の事務長。

ご無沙汰しております。
蕎麦ネタなので、土曜日に行った大垣の「酒井亭」をご紹介。
もともとは、グルメのyamaさんにご紹介いただいたお店です。

時は大正末期、大垣出身の先代の方が、郵便局にお勤めの頃、研修で赴任していた大阪で、上方料理の味に魅せられて、京都の「酒井亭」で修行を積み、こちらに戻って開かれたのが今のお店です。

その由来通り、京風の味付けと、京都名物(?)のにしんの煮付けは、私は絶品と思っております。
日曜休みの店ですが、ぜひとも、お出かけ、お試しくだされればと思います。
でも、蕎麦湯は出て来ないので、ダメかもしれません(笑)。
by 「ちゃりき!」の事務長。 (2005-11-20 20:57) 

tecchin

事務長さん、お久しぶりです。
HP見ましたよ、にしん蕎麦。
ほんと関西風な上品そうな一品ですね。
にしん蕎麦というと、やっぱり暖かいかけを私は連想します。
ですのでやっぱり蕎麦湯は出てこないでしょうね。(何でかけには蕎麦湯がつかないのかな?)
本場の味を堪能出来るとあっては是非とも食してみたいです。
「桃季」さん、「酒井亭」さん行きたいです。
ところで、犬山にはにしん蕎麦ならぬ、にしんラーメンというものを出しているラーメン屋さんがありますよ。
私は食べたことないので味の方は解りませんが…
by tecchin (2005-11-24 00:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。