So-net無料ブログ作成
検索選択

 [天体]

10月29日に撮影。

ちょっと、ピンボケですね。
天体写真を撮ろうとするとピント合わせは微妙です。(難しいです。)
10月20日の記事「焦点を合わせる」で紹介したシステムにて撮影。
私は月を眺めるのが大好きです。
なんせ、自分の娘の名前にも月の字を使用した位なんです。
次は購入したデジイチで月を撮りたいのですが、またアダプターを追加しなければならない。
出費が大きいです。
でも、良い天体写真を撮りたい。(天体に限らず良い写真をね。)
「原子力の日」ポスターコンクールに佳作入賞した娘に負けないように頑張ります。


レンズ嗜好症 [天体]

以前、雑誌の付録のプラネタリウムについてこのブログに書き込んだ。
「プラネタリウムを見たら望遠鏡が欲しくなった。」
という、TVCMがあるが、本当に私も本物の星を見たくなってしまった。
初心者向けに軽くてよく見えて安いという
三拍子揃った望遠鏡はないかとネットで色々調べてみた。
すると、おもちゃで知られているTOMYがBORGというブランド
望遠鏡を販売しているということがわかった。
これが初心者には扱いやすくコストパフォーマンスが優れているということらしい。
サブ機やファインダーとして使用しているマニアの方もいる。
(さすがにメインでは使用していないようだが…)
嫁はんを説得して小遣いの前借りをしてB品(アウトレットですな)を購入してしまったよ。


安いだけあってそれほど大きくはないがなかなか本格的。

それで昨日ベランダから月を見てみた。
自宅の周りは明るくて星が見えにくい。
目で見えない星も望遠鏡があれば見えるそうだが、
今の私の知識では探すこともできないので、
まずは月を見ようということになったのである。
月を見ても私は狼になったり、ウサギにはならないので安心だ。
大きく拡大された月を見て感動しましたよー。

本当は昨日の深夜にここまで書いたのだが、送信したら「ただ今メンテナンス中です。」
という画面が出てきた。すべてはパァとなったのでした。
頭にきました。
事前に調べない自分が悪いのだろうが何となくso-netが憎い。

気を取り直して続きいってみよう。
この月を写真に撮れたら良いなと思いました。
しかし、我が家のデジカメはフィルター等を取付けるネジがきってない安物で
望遠鏡に取り付けが出来ないんです。
仕方がないので望遠鏡の接眼レンズにデジカメのレンズを押し付けて
デジカメを手持ちでシャッターを切ることになるのだがこれがうまくいかない。
ピンぼけになったり手振れしたりで全然駄目です。


その中で少しは見れるのがこれ。
望遠鏡で見ると上下が逆になる。

次は安くても良いからデジタル一眼レフが欲しいー。

昨日のBGM

狂気(SACD-Hybrid)

狂気(SACD-Hybrid)

  • アーティスト: ピンク・フロイド
  • 出版社/メーカー: 東芝EMI
  • 発売日: 2003/03/29
  • メディア: CD


原題がThe Dark Side of the Moon というからね。
昔、よく聴きました。
効果音とかが入っていて大仰な感じとでも云えばいいのかなあ。

本日のBGM

Fire and Water

Fire and Water

  • アーティスト: Free
  • 出版社/メーカー: Island
  • 発売日: 2001/10/08
  • メディア: CD


月とは関係がないが、昔よく聴きました。
ブルースを基本としたシンプルでストレートな音とでもいえばいいのかなあ。
とても当時二十歳そこそこの若者がやっているとは思えない渋さ。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。